中綴じ印刷の役割|商品に添えて渡してみよう

カラーチャート

定期的に見直し

名刺

さまざまな技術が発達していく現代においても、取引を決定するのは人同士です。少しでも、相手に良い印象を残すためには、初対面の名刺交換の際に、インパクトのある名刺を渡してくことは、ビジネスでは大切なことといえます。

雑誌や商品カタログに向く

色見本

中綴じ印刷とは、四枚の紙を一セットとしてまとめ、真ん中をステープラーで綴じる方式の冊子のまとめ方です。一枚の紙を二つ折りにして綴じることもあります。中綴じ印刷は週刊誌などの比較的安価な雑誌や、商品カタログなどによく使われている印刷方法であり、利用される場面が多いものです。安価であるのが大きな魅力です。また、厚みが増えすぎず、開きやすいのも大きな魅力です。ちょっとした印刷物や読み物の制作にも使われます。商品カタログに利用するときは、開きっぱなしにできる点がメリットといえます。そのため、商談中に手を自由に使うことができます。中綴じ印刷を業者に依頼するときは、費用での比較、品質面での比較を行いましょう。他の印刷方法に比べて安価な中綴じ印刷ですが、業者の間でも値段は変わります。特に差がでやすいのがオプション料金です。中綴じ印刷は四枚一セットとすることが多いため、ページ数を四の倍数にする必要があります。四の倍数からはずれているとオプション料金がかかることが多く、この点で値段の差が付くことが多いです。制作内容が決まっているときには、見積もりをとって比較するとよいでしょう。まだのときは、基本料金におさまるように作るのがおすすめです。品質を比較するには、サンプルを請求するのがおすすめです。たいていは無料サンプルがあるので、一度請求して出来映えを確認しましょう。複数手元に置くと比較しやすくなり、決定しやすくなります。

依頼前に確認しておく事

グッズ

ノベルティを製作する際に、どのグッズにしようかと悩む前に一度製作までの流れをチェックしておきましょう。各業者のホームページでは人気の高いグッズ、見積もり、そして依頼を行う事が可能です。完成するまでの流れを把握しておき、効率よく段取りが組めるようにしておくと良いでしょう。